iPadで有線のキーボードを使う

iPad でちょっとしたプログラムを書けるようにしたいけれど、 Bluetooth のキーボードはぶつぶつ途切れるらしいということで有線のキーボードを iPad で使えるようにしてみました。

ちなみに、この記事は iPad Pro 12.9 インチ 第2世代 + HHKB Pro2 Type-S + GoCoEdit で書きました (今回、エディタの善し悪しについては触れません)。

環境を用意するために必要なもの

以下が iPad で有線のキーボードを使うために購入したものです。

  • 有線 キーボード
  • Lightning - USB 3カメラアダプタ
  • Lightning ケーブル
  • (コンセントがない環境で使う場合)モバイルバッテリー

キーボードはカフェなどでも使えるように静粛性の高い HHKB Pro2 Type-S にしました (HHKB のBluetoothモデルではなくわざわざ有線のキーボードを使っているのはそのためです)。 Lightning - USB 3カメラアダプタは、純正のものでなくても動作するかもしれませんが、 安定しそうだったので購入しました。 Lightning ケーブルとモバイルバッテリーは、 HHKB Pro2 Type-S だと消費電力が高くてキーボードが動作しないため、 Lightning - USB 3カメラアダプタにつないで電源を供給するために使っています。 消費電力が少ないキーボードであれば不要な可能性があります。

使い勝手

デフォルトの設定では、 Ctrl-n/p/b/f でのカーソル移動 Ctrl-a/e での行頭、行末への移動が使えるので PC に近い感覚でカーソルの移動ができました。
Ctrl-d での文字削除はできませんでしたが、Ctrl-h でのバックスペースは使えたので若干不便ですがなんとかなりました。 Ctrl-k での kill-line は使えますが、Ctrl-y での yank は使えないのは不便でした。
エディタの設定でなんとかなるかもしれないので色々試してみようと思います。

やっておいた方が良い設定

キーリピート

デフォルトのキーリピート設定ではカーソルの移動が遅すぎるので、 設定の一般>アクセシビリティ>キーボード>ハードウェアキーボード>キーのリピート、から変更できます。

comment

Comments

arrow_back

Previous

メンテナンス作業手順の書き方

Next

本ブログの構成
arrow_forward